当院での形成外科手術について | 奈良市あやめ池の皮膚科・形成外科 - 多田皮フ科形成外科

ホーム > 診療案内 > 当院での形成外科手術について

診療案内

当院での形成外科手術について

「当院で行う手術は、すべて日本形成外科学会に認定された形成外科専門医と皮膚腫瘍外科指導専門医を取得している院長が執刀いたします。」


局所麻酔や伝達麻酔による日帰り手術(予約制)を行っています。
形成外科的手技を用いて、できるだけ傷跡の残らない手術を行います。
皮膚腫瘍の手術では必要に応じて病理検査を行います。
主として健康保険適応の手術を行っております。

当院での代表的な手術内容と平成26年度の手術実績

  • 皮膚、皮下腫瘍摘出術(顔などの露出部) 253例
  • 皮膚、皮下腫瘍摘出術(非露出部) 166例
  • 皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術 5例
  • 皮膚悪性腫瘍切除術 8例
  • 瘢痕拘縮形成術(傷跡の修正) 6例
  • 陥入爪手術 72例
  • 陥入爪のワイヤによる矯正 89例
  • 眼瞼下垂症手術 3例
  • 先天性耳瘻孔摘出術 2例
  • ケガの縫合術 34例
  • Qスイッチルビーレーザー照射 305例

巻き爪に対するワイヤー矯正(コレクティオワイヤー法)

コレクティオワイヤー法

コレクティオワイヤー法とは巻き爪や陥入爪を自然で健康な爪へと導くワイヤーによる矯正法です。
爪の両端にワイヤーを引っ掛けてねじり上げるだけですので、ほとんど痛みなく短時間に施術ができます。
当院では手術適応となるような重症例以外は、この方法で治療しています。

コレクティオワイヤー法


コレクティオの特徴
1. 爪の両端にワイヤーを引っ掛けて巻き上げることにより爪の両端を広げることができます。
2. 巻き爪矯正ワイヤー装着時の痛みはほとんど無く、局所麻酔は不要です。
3. 爪が伸びるとともに巻き爪矯正ワイヤーも爪の先に移動します。
4. 爪の先の白い部分まで巻き爪矯正ワイヤーが移動すると自然にとれます。
5. 巻き爪矯正ワイヤーの装着期間は、2〜4ヶ月で、爪の伸びる早さにより個人差があります。
6. 巻き爪矯正ワイヤーを装着することによる日常生活への支障はなく、施術当日より入浴やスポーツも可能です。
  • 施術前施術前
  • 2ヶ月後2ヶ月後

ページトップに戻る